鹿児島県立短期大学教務課入試情報/入試Q&A

入試 Q&A  


 入試に関する質問は, kyoumuka@k-kentan.ac.jp まで。


●入試そのものに関するQ&A

Q 第一部の推薦を受験して,もし不合格の場合,一般選抜で第一部または第二部を受験することは可能ですか?
A 日程のうえでは可能ですが,あらためて出願手続きをする必要があり,出願書類の提出や入学検定料の納付から再度やり直さなければなりません。(第一部の出願については,大学入試センター試験で本学の入試に必要な科目を受験する必要があります。)

Q 第二部でも大学入試センター試験を受ける必要がありますか?
A 受ける必要はありません。第二部の一般選抜の受験科目は,総合問題のみです。

Q 特別推薦は高校生でも受験可能ですか?
A 第二部特別推薦入学は高校生でも受験可能です。履歴書には高校入学時と卒業(見込み)時を記入してください。

Q 追加合格について知りたいのですが…。
A 入学手続締切後(3月中旬)に欠員を生じると思われる学科について,成績上位の者から順に追加合格者を発表します。
 追加合格者はその名のとおり,あくまでも合格者の追加ということで,すべて正規合格者と同じ取り扱いとなります。

Q 過去の入試問題が欲しいのですが・・・。
A ホームページに掲載します。ただし,一般選抜の「総合問題」は2004年度入試からの実施科目なので過去分はありません。

Q 留学生等は受け入れていますか?
A これまで,中国やインドネシアから留学生として受け入れています。
 現在,中国国籍をもつ学生が在籍しています。


●短大生活に関するQ&A (授業や試験に関する質問)

Q 短大の定期試験はどのようにおこなわれるのですか?
A 定期試験は前期(7月)と後期(2月)の年2回です。科目により2期に分けて試験をおこなう場合と,学年末だけの場合があります。

Q 成績はどのように評価されるのですか?
A 成績は優(80〜100点)・良(70〜79点)・可(60〜69点)・不可(60点未満)の区分に評価され,優・良・可なら合格で単位が認定されます。

Q 単位って何ですか?
 卒業するためには何単位必要ですか?
A 単位とは各科目ごとに定められた勉学や実習の量を示す基準です。
 卒業するためには,所定の単位を62単位以上取得することが必要です。

Q ゼミナール制(演習)とは,どのような制度ですか?
A 学生が主体となり,司会,報告,問題提起,討論する対話型の授業のことで,共通テーマはもちろんのこと自分の興味,関心をもっている専門分野やテーマについても専門の先生から直接指導を受けることができる制度です。普通十数人の小グループで構成されているので,徹底した指導を受けることができ,充実した勉強ができます。また,仲間づくりの場ともなっています。

Q 朝は何時から授業開始ですか?
 また,何分間ですか?
A 第一部は,1時限目が午前8:40に始まり,5時限目が午後5:30に終わります。
 また,第二部は1時限目が午後6:00に始まり,2時限目が午後9:10に終わります。
 第一部・第二部とも,授業は月曜から金曜までで,1時限(1コマ)は90分です。


●短大生活に関するQ&A (サークル活動や就職に関する質問)

Q 学生寮はないのですか?
 アパート,下宿先について知りたいのですが…。
A 残念ながら学生寮はありません。
 アパート,下宿先の斡旋はしていませんが,情報は学生課で提供しています。

Q 家は近いのですが自動車で通学したいと思います。駐車場の制限はありますか?
A 今のところ駐車場は十分にあり,入構制限などはしていません。乗用車・オートバイ・自転車のどれで通学してもかまいません。

Q アルバイトの斡旋はしていますか?
A アルバイトは,学業に支障をきたさない範囲で可能です。アルバイト先の斡旋はしていませんが,求人情報は学生課で提供しています。

Q 学園祭はやっぱり気になるなぁ。
A 毎年10月から11月の学園祭『県大祭』。
 演劇やコンサート,バンド演奏等各種イベントを開催し,地域に開かれた学園祭を目指して学内開放するなど,キャンパス全体が熱気に包まれます。

Q 悩みがあるときはどうすればいいですか?
A 勉強や進路,就職,あるいは友人や異性関係等様々な悩みがありますね。そんな時は気軽に学生相談室へ。専門のカウンセラーや職員が親切に相談に応じています。もちろん秘密は厳守いたします。
 また,ちょっとしたケガや具合が悪いときは保健室へ。保健士が待機していますので安心して治療を受けたり,静養ができます。


鹿児島県立短期大学教務課入試情報/入試Q&A