文学科について

文学、言語、文化を学ぶことを通して、豊かな文化的感性、柔軟な思考力、的確な表現力を有し、多様化した社会で活躍できる人材を育成することが文学科の教育目標です。とりわけ、日本語日本文学専攻では多様化した地域社会で活躍できる人材育成を目指し、英語英文学専攻では多様化した国際社会に対応できる人材育成を目指しています。

日本語日本文学専攻

日本語日本文学専攻では、「日本語及び日本文学の理論を学び、作品を読むことを通して、日本語に関する知識と表現力、日本文学を広くかつ深く解釈し鑑賞する能力を有し、多様化した地域社会で活躍できる人材の育成」を目標にしています。

英語英文学専攻

英語英文学専攻は、「英米文学、英語学、英語圏文化を学ぶことを通して、英語運用能力と豊かな教養を有し、多様化した国際社会に対応できる人材の育成」を目標にしており、英語の実践的運用能力を高めるよう、少人数の徹底した演習方式の授業を行います。

教職課程

日本語日本文学専攻・英語英文学専攻では、中学校教諭二種免許状(国語・英語)を取得することができます。教育職員免許状(教員免許)を取得するには、卒業することに加えて、教職課程の単位を取得することが必要です。教育実習のように実際の学校で行う実習もあります。多くの卒業生が中学校教員や栄養教諭として鹿児島県内外で活躍しています。

司書教諭資格

平成26年度入学生から、司書教諭の資格を取得することができるようになりました。
教職課程を履修、またはすでに教員免許を取得している人は、司書教諭講習科目5教科10単位を履修することで、司書教諭の資格を取得することができます。

海外大学との交流

  • ハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジと交流協定を結び、毎年夏に語学研修を実施しています。
  • 南京農業大学と交流協定を結び、毎年夏に語学研修を実施しているほか、交換留学を実施しています。
  • ウィスコンシン大学リバーフォールズ校(州立)と編入学協定を結んでいます。